【アプリ推定売上げ定点観測 [KLab] 2019.7第4週】

推定売上定点観測(週別)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリ推定売上げ【KLab】週別(2019.7 第4週)

※想定売上げ(仮)の算出方法や使い方については、こちら

アプリ全体の推定売上げ

アプリごと(日本・海外別)の推定売上げ

アプリごとの推定売上げ

日本と海外の推定売上げ比較

今週の推定売上げは5.6億円となりました。先週からやや売上げ増大しました。今回は全体的にランキングが奮わなかったですが、そんな中でもブレソルの周年イベントで国内セルラン3位をとるなど、1タイトルが大きく引っ張ってくれたおかげで、全体としては5億円台後半という高い売上げ水準を記録することができました。

今回はブレソル一色という感じのセルランでした。少し前の期間に全体を牽引していたスクフェスがイベントの谷間のためか課金控えが起こっており、国内セルランが200位圏外へと落ちるなど、全体的に奮わなかった中、1タイトルだけ気を吐いたのはブレソルでした。

ブレソルは7月23日でリリースから4周年を迎えました。これにあわせて各種周年イベントを展開し功を奏した模様です。iphoneの国内においては、なんと一時3位をマークするほどの好調ぶり。もしかしたらブレソルがリリースから今までで一番稼いだ日だったかもしれません。既にリリースから4年も経つアプリで、過去最高レベルの売上げを計上するのはKLabの運営が上手くいっている証拠に他なりません。リリース直後の一時的な売上げでアプリを食い尽くすのではなく、じっくりと運営しながら、固定ファンに継続して遊んでもらえるアプリに育てることが、今回のブレソルのような結果に繋がります。KLabはそのようなノウハウを培いつつあるということが言えるでのはないでしょうか。

4月と5月はスクフェスが引っ張って、6月はキャプテン翼が引っ張って、7月はブレソルが引っ張って、と代わる代わる主役が入れ替わりながら、安定して高い売上げ水準を叩き出せるようになってきたのが、今のKLabの強みです。それぞれのアプリで別々の固定ファンがついているでしょうから、あるアプリで稼いだ後は別のアプリに稼いでもらって、その間課金は控えてもらって、またターンが来たら課金してもらう、そんなサイクルを築きつつあるような気がしています。

明日(今晩)は、まがつ生放送が控えています。前回の放送から間があきましたが、いよいよ待ちに待った二次職に関する情報が出てくるとのことです。今のコンテンツは既に遊びつくしたという猛者が続々と出てきていますので、そうした方々を手持ち無沙汰にしないためにも、どんどんと新しいコンテンツを投入して盛り上げていってほしいと思います。

生放送のアイコンにシロを使っているので、コラボもまだ継続する様子ですし、既に発表されている初音ミクコラボも後ろに控えています。自社IPのため世界観には自由が利きますから、楽しいコラボをたくさん展開していってほしいなと思います。そろそろvtuberのようなニッチ産業ではなくメインストリームにも食い込んでいってほしい気がしますが、それはもう少し先ですかね。アニメプロジェクトの進展なども明日の生放送で触れられると良いのですが。これからの展開にますます期待しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました